海外おもしろムービーCM

2008年03月26日

「カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(スイス)」の解説です!

カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(Mezinárodní filmový festival Karlovy Vary, Karlovy Vary International Film Festival)はチェコの西北部の都市カルロヴィ・ヴァリで開かれる国際映画祭である。国際映画製作者連盟公認の映画祭であり、東欧でも最大級の映画にまつわるイベントである。

歴史は古く、1946年に第一回目が開かれたが、1948年以来共産主義のコントロール下におかれ、1956年から1968年までは2年に1回、次の第21回目は10年後の1978年に開かれるなど不定期であった。1994年から新体制で毎年開かれるようになった。


【グランプリ受賞作品】
1994年 "Mi hermano del alma" (スペイン)
1995年 "Jízda" (チェコ)
1996年 コーカサスの虜 (ロシア・カザフスタン)
1997年 ぼくのバラ色の人生 (フランス・ベルギー・イギリス)
1998年 "Le Coeur au poing" (カナダ)
1999年 "Ha Chaverim Shel Yana" (イスラエル)
2000年 私の小さな楽園 (ブラジル)
2001年 アメリ (フランス)
2002年 "Rok ďábla" (チェコ)
2003年 向いの窓 (イタリア・イギリス他)
2004年 "Certi Bambini" (イタリア)
2005年 ニキフォル 知られざる天才画家の肖像 (ポーランド)
2006年 "Sherrybaby" (アメリカ)
2007年 "Mýrin" (アイスランド・ドイツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「トロント国際映画祭(カナダ)」の解説ーー 概要版 ーー

【概要】
例年300以上の作品が上映され、来場者数321,000人(ベルリン、カンヌに次ぐ規模)を誇る北米最大の映画祭であり、オスカー・レースの始まりとなる重要な映画祭となっている。

1976年に"The Festival of Festivals"として開催されたのが始まり。これは、世界中の映画祭で上映された優れた作品を集めて上映するというものであった。その後、多くの出資者やオーガナイザーの助力により、ハリウッド映画にとって欠かせない映画祭に成長した。

FIAPF登録上は6月開催の国際映画祭であるが、近年は9月に行われている。この為、同じく北米最大規模の映画祭であるモントリオール世界映画祭(8月下旬から9月頭)と開催時期がほぼ重なり、競合状態となっている。

これまで、『炎のランナー』『再会の時』『アメリカン・ビューティー』『サイドウェイ』『ヒトラー 〜最期の12日間〜』『クラッシュ』といった作品がこの映画祭でプレミア上映されている。

【賞】
ノン・コンペティションである為、観客賞(ピープルズ・チョイス・アウォード)が最高賞である。2006年に授与された賞は以下の通り。

ピープルズ・チョイス・アウォード (The People’s Choice Award)
ディーゼル・ディスカバリー・アウォード (The Diesel Discovery Award)
国際批評家連盟賞 (The Fipresci Prize)
The Citytv Award for Best Canadian First Feature
The Toronto – City Award for Best Canadian Feature Film
The Short Cuts Canada Award
The Swarovski Cultural Innovation Award

【 ピープルズ・チョイス・アウォード受賞作品】
1978年 『ガールフレンド』クローディア・ウェイル
1979年 『Best Boy』アイラ・ホール
1980年 『ジェラシー』ニコラス・ローグ
1981年 『炎のランナー』ヒュー・ハドソン
1982年 『テンペスト』ポール・マザースキー
1983年 『再会の時』ローレンス・カスダン
1984年 『プレイス・イン・ザ・ハート』ロバート・ベントン
1985年 『オフィシャル・ストーリー』ルイス・プエンソ
1986年 『アメリカ帝国の滅亡』ドゥニ・アルカン
1987年 『プリンセス・ブライド・ストーリー』ロブ・ライナー
1988年 『神経衰弱ぎりぎりの女たち』ペドロ・アルモドヴァル
1989年 『ロジャー&ミー』マイケル・ムーア
1990年 『シラノ・ド・ベルジュラック』ジャン=ポール・ラプノー
1991年 『フィッシャー・キング』テリー・ギリアム
1992年 『ダンシング・ヒーロー』バズ・ラーマン
1993年 『スナッパー』スティーヴン・フリアーズ
1994年 『司祭』アントニア・バード
1995年 『アントニア』マルレーン・ゴリス
1996年 『シャイン』スコット・ヒックス
1997年 『The Hanging Garden』トム・フィッツジェラルド
1998年 『ライフ・イズ・ビューティフル』ロベルト・ベニーニ
1999年 『アメリカン・ビューティー』サム・メンデス
2000年 『グリーン・デスティニー』アン・リー
2001年 『アメリ』ジャン=ピエール・ジュネ
2002年 『クジラの島の少女』ニキ・カーロ
2003年 『座頭市』北野武
2004年 『ホテル・ルワンダ』テリー・ジョージ
2005年 『ツォツィ』ギャヴィン・フッド
2006年 『Bella』アレハンドロ・ゴメス・モンテヴェルデ
2007年 『Eastern Promises』デヴィッド・クローネンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「トロント国際映画祭(カナダ)」の解説ーー 概要版 ーー

【概要】
例年300以上の作品が上映され、来場者数321,000人(ベルリン、カンヌに次ぐ規模)を誇る北米最大の映画祭であり、オスカー・レースの始まりとなる重要な映画祭となっている。

1976年に"The Festival of Festivals"として開催されたのが始まり。これは、世界中の映画祭で上映された優れた作品を集めて上映するというものであった。その後、多くの出資者やオーガナイザーの助力により、ハリウッド映画にとって欠かせない映画祭に成長した。

FIAPF登録上は6月開催の国際映画祭であるが、近年は9月に行われている。この為、同じく北米最大規模の映画祭であるモントリオール世界映画祭(8月下旬から9月頭)と開催時期がほぼ重なり、競合状態となっている。

これまで、『炎のランナー』『再会の時』『アメリカン・ビューティー』『サイドウェイ』『ヒトラー 〜最期の12日間〜』『クラッシュ』といった作品がこの映画祭でプレミア上映されている。

【賞】
ノン・コンペティションである為、観客賞(ピープルズ・チョイス・アウォード)が最高賞である。2006年に授与された賞は以下の通り。

ピープルズ・チョイス・アウォード (The People’s Choice Award)
ディーゼル・ディスカバリー・アウォード (The Diesel Discovery Award)
国際批評家連盟賞 (The Fipresci Prize)
The Citytv Award for Best Canadian First Feature
The Toronto – City Award for Best Canadian Feature Film
The Short Cuts Canada Award
The Swarovski Cultural Innovation Award

【 ピープルズ・チョイス・アウォード受賞作品】
1978年 『ガールフレンド』クローディア・ウェイル
1979年 『Best Boy』アイラ・ホール
1980年 『ジェラシー』ニコラス・ローグ
1981年 『炎のランナー』ヒュー・ハドソン
1982年 『テンペスト』ポール・マザースキー
1983年 『再会の時』ローレンス・カスダン
1984年 『プレイス・イン・ザ・ハート』ロバート・ベントン
1985年 『オフィシャル・ストーリー』ルイス・プエンソ
1986年 『アメリカ帝国の滅亡』ドゥニ・アルカン
1987年 『プリンセス・ブライド・ストーリー』ロブ・ライナー
1988年 『神経衰弱ぎりぎりの女たち』ペドロ・アルモドヴァル
1989年 『ロジャー&ミー』マイケル・ムーア
1990年 『シラノ・ド・ベルジュラック』ジャン=ポール・ラプノー
1991年 『フィッシャー・キング』テリー・ギリアム
1992年 『ダンシング・ヒーロー』バズ・ラーマン
1993年 『スナッパー』スティーヴン・フリアーズ
1994年 『司祭』アントニア・バード
1995年 『アントニア』マルレーン・ゴリス
1996年 『シャイン』スコット・ヒックス
1997年 『The Hanging Garden』トム・フィッツジェラルド
1998年 『ライフ・イズ・ビューティフル』ロベルト・ベニーニ
1999年 『アメリカン・ビューティー』サム・メンデス
2000年 『グリーン・デスティニー』アン・リー
2001年 『アメリ』ジャン=ピエール・ジュネ
2002年 『クジラの島の少女』ニキ・カーロ
2003年 『座頭市』北野武
2004年 『ホテル・ルワンダ』テリー・ジョージ
2005年 『ツォツィ』ギャヴィン・フッド
2006年 『Bella』アレハンドロ・ゴメス・モンテヴェルデ
2007年 『Eastern Promises』デヴィッド・クローネンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オブ・フェームを模して、セントルイスやトロントなど、他の都市でも類似したウォーク・オブ・フェームが作られている。

【豆知識】
1960年2月9日、女優ジョアン・ウッドワードが最初の星を獲得した。
文芸分野で初めて星を獲得したのは、TVドラマ「スタートレック」の原作者、ジーン・ロッデンベリーである。
アポロ11号の宇宙飛行士のための丸い星がハリウッド・バイン(交差点)の四方にある。
カントリー・アンド・ウェスタンの歌手ジーン・オートリー(Gene Autry)が5部門における功績により、5個の星を獲得したのが最多である。
人間でなくても受賞することがある。ミッキーマウス・くまのプーさん・ビッグバード・名犬リンチンチン・名犬ラッシーおよび先述のゴジラなどである。

オブ・フェームを模して、セントルイスやトロントなど、他の都市でも類似したウォーク・オブ・フェームが作られている。

【豆知識】
1960年2月9日、女優ジョアン・ウッドワードが最初の星を獲得した。
文芸分野で初めて星を獲得したのは、TVドラマ「スタートレック」の原作者、ジーン・ロッデンベリーである。
アポロ11号の宇宙飛行士のための丸い星がハリウッド・バイン(交差点)の四方にある。
カントリー・アンド・ウェスタンの歌手ジーン・オートリー(Gene Autry)が5部門における功績により、5個の星を獲得したのが最多である。
人間でなくても受賞することがある。ミッキーマウス・くまのプーさん・ビッグバード・名犬リンチンチン・名犬ラッシーおよび先述のゴジラなどである。

2008年03月16日

韓国は世界一テレビドラマを見る国って知っていましたか?

韓国は世界一テレビドラマを見る国で、視聴率が80パーセントを超えるドラマシリーズもある。 韓国でチャンネル権を握るのは母親で、財閥系企業のCMが集中する 韓国では銀幕のスターといった映画俳優の方がレベルが上で、ドラマにしかでない俳優は二流だと言われる。

有名なものは以下のものがある

★秋の童話 >>詳細はこちら


★春のワルツ >>詳細はこちら


★冬のソナタ  >>詳細はこちら


★夏の香り >>詳細はこちら


★チャングムの誓い >>詳細はこちら


★ホテリアー >>詳細はこちら


★オールイン >>詳細はこちら


★私の名前はキム・サムスン >>詳細はこちら


★屋根裏部屋の猫
朱蒙 (テレビドラマ)  >>詳細はこちら


★パリの恋人 (韓国ドラマ)  >>詳細はこちら


★美しき日々 >>詳細はこちら

映画の中心地・ハリウッドの歴史を振り返る

1903年、当時農村だったハリウッドは市制を施行するが、1910年にロサンゼルス市と合併した。

20世紀のはじめのこの頃、映画の中心地はニューヨーク(ニュージャージー州フォート・リー)とシカゴであった。

特許をめぐる争いが発端となり、当時の大手映画製作者や映画関連機器製造業者、製造業者ら9社はそれぞれの特許を持ち寄って管理するモーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニー を1908年に設立した。これに参加しない映画関連業者にはカンパニーから高額の特許料が請求された。

参加が認められなかった中小の制作者らは一斉にこれに反発。特許料を払わずに買えるヨーロッパ製の機器やフィルムを使って撮影を続行した。

カンパニー側は探偵を雇って違反者を片端から摘発したため、独立系の制作者はカンパニーの目のとどかぬ土地に出かけて映画を制作した。中でもロサンゼルス一帯は気候もよく、映画の撮影には理想的で、映画人が集まり始めた。

又、この地はメキシコに近く、カンパニー側の追っ手がやってくる事を察知して国境を越えて逃げる事が出来た。なお、カンパニーは1912年に反トラスト法違反であると指摘され、1915年には連邦裁判所で反トラスト法違反であるとされた。

カンパニーは1917年には消滅し、これに前後してカンパニー参加業者らも次々にハリウッドに拠点を移した。

当時アメリカ経済の中心だった東海岸は天候が悪かった。当時の映画は、フィルム感度の問題から屋外のような明るい場所でしか撮影出来なかった。電球などの照明はあったが、映画撮影を行うには十分な明るさを確保出来なかった。

そのため映画会社は、日が長く、地中海性気候のため夏にまばゆい太陽が輝くカリフォルニア州に次々に移っていった。

最初のハリウッドの映画スタジオは、1911年にネストール社が建てたものである。同じ年に、さらに15のスタジオが建てられた。

まだ民族差別の激しかった時代のハリウッド・スターや監督達は、出自を偽る事が多かった。当時はまだワスプがアメリカの支配層であり、イタリア系やユダヤ系などの真の出自を表に出してはスターにはなれなかったからである。
現在、このサイトは人気blogランキング■位です。
>>>>人気blogランキングへ

ブログランキングアップに参加中です。応援ポチッとお願いします(笑)
    ↓ ↓ ↓
banner2.gif TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。