海外おもしろムービーCM

2008年03月29日

「どですかでん」は黒澤明監督作品です!

『どですかでん』は、黒澤明監督の映画作品。原作は、山本周五郎の『季節のない街』。黒澤映画初のカラー作品である。

『赤ひげ』以来、5年ぶりの監督作品。この間、『トラ・トラ・トラ!』の監督降板騒動などで神経を削ったこともあってか、本作ではそれまでの三船敏郎とのコンビによる重厚な作品路線から一転、貧しくも精一杯生きている小市民の日常を明るいタッチで描いている。しかしながら、当時の興行成績は明らかな失敗で、以降、黒澤は『デルス・ウザーラ』を挟んで10年間にわたって日本映画界の中心から遠ざかることになる。

なお、企画・製作にある「四騎の会」とは、黒澤、木下惠介、市川崑、小林正樹の4人からなる芸術家集団で、邦画低迷の時代に4人の力を合わせてこれを打開しようとの意図で結成されたが、うまく機能せず、製作映画は本作と『化石』(1975年、小林正樹監督)に留まった。

あらすじ
とある郊外の街の貧しい地域──知的障害のある六ちゃんは、毎日近所に出かけては、>>>この記事の詳細を読む<<<

「乱 (映画)」黒澤明監督作品です!

『乱』(らん)は、1985年に公開された黒澤明による映画作品である。日本とフランスの合作。黒澤監督の第27作目であり、時代劇としては最後の作品となった。架空の戦国武将・一文字秀虎を主人公にその晩年と3人の息子との確執、兄弟同士の擾乱を描く。毛利元就の「三本の矢」の逸話も取り入れてはいるが、物語の骨格はウィリアム・シェイクスピアの悲劇『リア王』である。黒澤は『乱』を自分の「ライフワーク」と位置づけ、また「人類への遺言」でもあるとしている。

【あらすじ】
戦国時代を生き抜き、3つの城を抱える領土を維持した一文字秀虎。ある日突然、秀虎は家督を3人の息子に継がせ、自身は隠遁する決意を客人たちの前で告げた。彼は3本の矢を手に取り、「1本の矢は折れるが、3本束ねると折れぬ」と言いながら、息子たちにお互い助け合いながら一文字家を繁栄させるよう説いた。しかし、>>>この記事の詳細を読む<<<
posted by abelu at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「天国と地獄 (映画)」は黒澤明監督作品です!!

『天国と地獄』(てんごくとじごく)とは1963年3月1日に公開された黒澤明監督の日本映画である。上映時間は2時間23分。毎日映画コンクール・日本映画賞、エドガー・アラン・ポー賞受賞作品。

概要

1961年に『用心棒』、『椿三十郎』と娯楽時代劇を世に送り、次回作には現代劇を構想していた黒澤が、たまたま読んだというエド・マクベインの小説『キングの身代金』(1959年、87分署シリーズのひとつ)に触発され映画化。黒澤が『キングの身代金』を映画化しようと思った動機は2点あり、「徹底的に細部にこだわった推理映画を作ってみよう」ということと「当時の誘拐罪に対する刑の軽さ(未成年者略取誘拐罪で3ヶ月以上5年以下の懲役(刑法224条)、営利略取誘拐罪で1年以上10年以下の懲役(刑法225条))に対する憤り(劇場公開時のパンフレットでも誘拐行為を批判している)」だという。

映画は興行的には成功するが、>>>この記事の詳細を読む<<<
posted by abelu at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「椿三十郎」は黒澤明監督作品です!

『椿三十郎』(つばきさんじゅうろう)は、1962年1月1日に公開された黒澤明監督の時代劇映画。

概要
この作品は元々、かつて黒澤組のチーフ助監督であった堀川弘通の監督作品として黒澤が執筆した、山本周五郎原作の『日日平安』の脚本がベースになっている。『日日平安』は原作に比較的忠実に、気弱で腕もない主人公による殺陣のない時代劇としてシナリオ化されたが、東宝側が難色を示したため、この企画は実現しなかった。その後、『用心棒』の興行的成功から、「『用心棒』の続編製作を」と東宝から依頼された黒澤は、陽の目を見ずに眠っていた『日日平安』の>>>この記事の詳細を読む<<<

「まあだだよ」は黒澤明監督作品です!

『まあだだよ』は、黒澤明監督の日本の映画作品であり、黒澤監督の遺作となった作品。1993年東宝公開。

内田百閧フ随筆を原案として、百閧フ日常と、彼の教師時代の教え子との交流を描いた作品。

戦前から戦後にかけての内田百閧フ生活が描かれているが、黒澤作品の前・中期によく見られる戦闘・アクションシーン等は皆無であり、終始穏やかなトーンで話が進行する。

百閧演じる松村達雄、その妻の香川京子、そして教え子役の所ジョージなど、出演者の好演が光る名作である。


あらすじ
法政大学のドイツ語教師・百關謳カは随筆家として作家活動に専念するため学校を去ることになり、生徒達は『仰げば尊し』を歌って先生を送る。>>>この記事の詳細を読む<<<

2008年03月26日

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームとは?ーー 概要 ーー

カーミット(キャラクター)のスターハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム(またはハリウッド名声の歩道, Hollywood Walk of Fame)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ハリウッドの、ハリウッド大通りとヴァイン通り沿いの歩道のことである。

ここには約5kmほどの間に、ショービジネス界で活躍した人物の名前が彫られた2000以上の星型のプレートが埋め込んであり、観光名所となっている。毎年星の数は増えており、追加する際のセレモニーには本人も参加する。

1959年よりハリウッドの商工会議所により設立された。最初の6ヶ月で1500以上の星が埋め込まれ、1994年にその数は2000を超えた。現在では毎年6月に、映画、音楽、テレビ、ラジオ、舞台名の5つの分野で活躍した人物を対象に、20名ほどの候補者から一般の投票によって選ばれる。

日本人および日本に関するキャラクターとしては早川雪洲、マコ岩松、ゴジラの星がある。

特徴
ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームはハリウッド大通り(Hollywood Boulevard)沿い東西に、ガワー・ストリート(Gower Street)からラ・ブレア・アベニュー(La Brea Avenue)まで、ヴァイン通り(Vine Street)沿い南北に、サンセット大通り(Sunset Boulevard)からユッカ通り(Yucca Street)まで伸びている。

茶色の正方形の中央に、真鍮で縁どりされたテラゾ(大理石を砕いたものとセメント)製のピンクの星型プレートが配置されている。ピンクの星の中には顕彰される人物の名前と、その人物が貢献した分野を表わしたシンボルが付されている。シンボルには以下の種類がある。

「映画カメラ」は映画産業への貢献。
「テレビ(受像機)」はテレビ放送業界への貢献。
「レコード」は音楽業界への貢献。
「DJマイク」はラジオ業界への貢献。
「笑い顔のお面と泣き顔のお面」は演劇への貢献。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「モントリオール世界映画祭(カナダ)」の解説です!

モントリオール世界映画祭(Festival des Films du Monde - Montréal)は、毎年8月下旬から9月頭にかけてカナダのモントリオールで開かれるFIAPF公認の国際映画祭。1977年から開催されており、トロント国際映画祭と並び北米最大規模の映画祭である。


【 概要】
近年は、8月末から9月初旬に行われるヴェネツィア国際映画祭、9月に開催される世界三大映画祭のひとつであるトロント国際映画祭と開催時期が重なるようになり、ワールドワイドな求心力を失いつつある。しかし、それでもトロント国際映画祭やヴェネツィア国際映画祭を上回る例年350以上の作品が上映され、来場者数250,000人はトロント国際映画祭(来場者数321,000人)に及ばないもののヴェネツィア国際映画祭の174,000人を凌ぐ規模を維持している。


【最優秀作品賞受賞作品】
1978年 『Ligabue』サルヴァトーレ・ノティカ (イタリア)
1979年 『1 + 1 = 3』 ハイディ・ゲネー (西ドイツ)
1980年 『スタントマン』 リチャード・ラッシュ (アメリカ)、『Fontamara』 カルロ・リッツァーニ (イタリア)
1981年 『The Chosen』 ジェレミー・ケーガン (アメリカ)
1982年 『スティング/ブリムストン&トリークル』 リチャード・ロンクレイン (イギリス)
1983年 『未完の対局』 佐藤純彌、段吉順 (日本・中国)
1984年 『エル・ノルテ/約束の地』 グレゴリー・ナヴァ (アメリカ)
1985年 『わが父/パードレ・ヌエストロ』フランシスコ・レゲーロ (スペイン)
1986年 『ベティ・ブルー』 ジャン・ジャック・ベネックス (フランス)
1987年 『ケニー』 クロード・ガニオン (カナダ・アメリカ・日本)
1988年 『読書する女』 ミシェル・ドヴィル (フランス)
1989年 『Freedom is Paradise』 セルゲイ・ボドロフ (ソ連)
1990年 『Caidos del cielo』 フランシスコ・ロンバルディ (ペルー・スペイン)
1991年 『サーモンベリー』 パーシー・アドロン (西ドイツ)
1992年 『El lado oscuro del corazón』 エリセオ・スビエラ (アルゼンチン・カナダ)
1993年 『Trahir』 ラドゥ・ミヘイレアニュ (フランス・ルーマニア)
1994年 『ワンス・ウォリアーズ』 リー・タマホリ (ニュージーランド)
1995年 『ジョージア』 ウール・グロスバード (アメリカ・フランス)
1996年 『ディファレント・フォー・ガールズ』 リチャード・スペンス (イギリス)
1997年 『運動靴と赤い金魚』 マジッド・マジディ (イラン)
1998年 『The Quarry』 マリオン・ヘンセル (スイス・ベルギー)、『最後通告』 フレディ・M・ムーラー (スイス・フランス・ドイツ)
1999年 『太陽は、ぼくの瞳』 マジッド・マジディ (イラン)
2000年 『もういちど』 ポール・コックス (オーストラリア・ベルギー)、『Le goût des autres』 アニエス・ジャウイ (フランス)
2001年 『少女の髪どめ』マジッド・マジディ (イラン)、『TORZOK』 Arpad Sopsits (ハンガリー)
2002年 『Il Più Bel Giorno Della Mia Vita』 クリスチナ・コメンチーニ (イタリア)
2003年 『KORDON』 ゴラン・マルコヴィック (セルビア・モンテネグロ)
2004年 『The Syrian Bride』 エラン・リクリス (イスラエル・フランス・ドイツ)
2005年 『Off Screen』 ピーター・クイパース (オランダ・ベルギー)
2006年 『長い散歩』 奥田瑛二 (日本)、『O Maior Amor do Mundo』 カルロス・ディエギス (ブラジル)
2007年 『BEN X』ニック・バルサザール(ベルギー、オランダ)/『UN SECRET』クロード・ミレール(フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
現在、このサイトは人気blogランキング■位です。
>>>>人気blogランキングへ

ブログランキングアップに参加中です。応援ポチッとお願いします(笑)
    ↓ ↓ ↓
banner2.gif TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。