海外おもしろムービーCM

2008年04月27日

ゴルゴ13が頻繁に使うM16(=AR-15)は、本来は軍用小口径アサルトライフル

間違った知識

SPR Mk12 Mod 0 / M16をベースとする米軍の特殊目的ライフル(=狙撃銃)「M16」について

ゴルゴ13が頻繁に使うM16(=AR-15)は、本来は軍用小口径アサルトライフルであり、狙撃銃ではない。当作品に取り上げられた事から、狙撃銃であるという間違った解釈が広まる事となった。ただしその「設定ミス」は作者も認める事であり、あえてM16を狙撃銃として用いるその理由について、作品中で解説がなされる事となった。ところが今度はそれによって「M16は狙撃には適さない」という、これもまた「間違った」解釈が広まる事となった。

その後、「激突!AK-100 vs M-16」で、【ゴルゴの体型に合い、突撃銃と狙撃銃の二面性をあわせ持った、いかなる場面にも即対応できるオールラウンダーな銃(銃のメンテナンスは臨機応変に対応できるらしい)】と、『ただ一人の軍隊』として自分に適している銃として使用していると説明している。

また、ゴルゴはM16の開発者でもある>>>この記事の詳細を読む<<<

『ゴルゴ13』(1983年、東宝東和、監督:出崎統、脚本:長坂秀佳) 「帝王の罠」(劇場版アニメ)

ゴルゴ13云々というよりも、「世界で初めて劇中にコンピュータグラフィックスを使ったアニメ作品」として有名。ゴルゴの声は瑳川哲朗が担当している。

ゴルゴが紙巻タバコを吸っていたり、待ち合わせでクラクションを鳴らされるまで相手に気づかない、おなじみの台詞を言わないなどが原作と違う。

最後の"謎解き"におけるクライアントのセリフは、円谷幸吉の遺書を彷彿させるものである。


ゴルゴ以外のキャストは>>>この記事の詳細を読む<<<

2008年01月04日

手塚 治虫(てづか おさむ)さんは初期のみおさむしと読ませていたらしい

手塚 治虫(てづか おさむ)。初期のみおさむしと読ませた。本名:手塚 治、1928年(昭和3年)11月3日 - 1989年(平成元年)2月9日)は、日本の漫画家、アニメーター、医師。大阪府豊中市に生まれ、兵庫県宝塚市で育つ。医学博士の学位を持つ。戒名は伯藝院殿覚圓蟲聖大居士。日本のテレビアニメの先駆者、漫画の神様と呼ぶ者もいる。

医学生時代から、漫画家として活動を始める。漫画家という職業が社会的に評価が大変低かったこともあり、医師との二足のわらじをはくことも考えたが、母の「好きなことをやりなさい」ということばで専業漫画家の道を選んだエピソードは有名。ただしこの他に、担当教官に医者よりも漫画家に向いていると言われた、血を見るのは苦手だった、などといった話も伝わっている。

1947年に発表した『新宝島』は、漫画に映画的スペクタクルな表現を導入した先鋭的な作品で、藤子不二雄、石森章太郎(後に石ノ森章太郎)ら後進に極めて大きな影響を与え、現代日本における漫画・アニメの基礎が築かれるなかで大きな役割を果たした。

風貌や実績から温厚で人格者というイメージがあるが、石ノ森章太郎や大友克洋ら若い才能に対し、敵愾心を燃やす一面を見せたとも言われている。その他、いかにも漫画的・人間的なエピソードが紹介されることもある。

松本零士など後進の漫画家などの客人に、いたずらでチョコレートうどんを食べさせたことがある。
締切前に担当編集者の目を盗み、映画鑑賞のためなどと称して度々逃亡している。阿蘇山にまで逃げたことがある。
深夜、「メロンを買ってこなければ続きを描かない」などと担当編集者に無理難題を言い出した(当時、コンビニエンスストアなどは無かった)。
寝ているところを編集者に叱責されると、「寝ていたのではない。横になって疲れをとっていただけだ」と言い張った。
上記のように、担当の編集者からすれば目に余る行動も多かったらしく、当時の担当編集の中には手塚の人間性を厳しく糾弾する例も見られたようだ。手塚は依頼された仕事をほぼ断らずに受けていたし、編集者たちも、新雑誌の創刊毎に「彼が誌面にいないと売れない」という理由でいくつも掛け持ちさせていた。
posted by abelu at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

なつかしいアニメ放送作品の紹介(日本テレビ系)(その5)

管理人が感動した作品の勝手な評点(観ていない作品は★1個とします。)
1973年
★★★★★】 ドラえもん(旧作) >> 詳細説明はこちらから
<<ドラえもん>>
何をしても駄目な小学生、野比のび太と、22世紀から彼のもとにやってきたロボット・ドラえもんの日常生活を描いた作品である。
典型的なプロットは「のび太の身にふりかかった困難を、ドラえもんから貸し与えられたひみつ道具で一時的に解決するが、その後その道具を不適切に使い続けた結果、しっぺ返しを受ける」というものである。 このプロットは、SF(“すこしふしぎ”な)作品として本作を執筆していた作者の意図を反映しており、当時のSFの唱える "if"(もしも) についての対象を想定した回答であるといえる。


】 冒険コロボックル (YTV) >> 詳細説明はこちらから

】 侍ジャイアンツ (YTV) >> 詳細説明はこちらから

1974年
】 柔道讃歌 >> 詳細説明はこちらから

★★★★★】 宇宙戦艦ヤマト (YTV) >> 詳細説明はこちらから
<<宇宙戦艦ヤマト>>
時に西暦2199年、地球は宇宙の彼方の謎の星ガミラスからの侵略を受け、遊星爆弾による無差別攻撃にさらされていた。すでに海は蒸発し尽くし地上の全生命は死滅、残された人類は地上の放射能から逃れるため生存圏を地下に求め、「人類の奴隷化か死か」を要求するガミラスに必死の抵抗を続けていた。しかし圧倒的な科学力の差の前になす術もなく、放射能汚染の進行による全人類の絶滅まであと一年余りと迫る中、最後の地球防衛艦隊が冥王星付近でガミラス宇宙艦隊との交戦により壊滅し、人類生存の希望は完全に潰えたかに見えた。

そんな折、遠く離れた星イスカンダルから救いのメッセージが届いた。そこで人々は、イスカンダルから送られた設計図を元に波動エンジンを製造、それを地球脱出用に極秘裏に改造中だった旧大戦の戦艦大和に搭載し、超光速で航行可能な「宇宙戦艦ヤマト」を完成させた。

地球脱出という目的から放射能除去装置コスモクリーナーD受け取りへと目的の変わったヤマトは、14万8千光年彼方の大マゼラン星雲イスカンダル星に向けて、最後の希望を託されて発進する。1年以内に帰還しなければならないという状況のもと、ガミラス帝国との壮絶な死闘を繰り広げ、未知なる宇宙空間に翻弄されながら、一路イスカンダル星を目指す。
posted by abelu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

なつかしいアニメ放送作品の紹介(ドラえもん(旧作)、宇宙戦艦ヤマト (YTV)、 日本テレビ系)

管理人が感動した作品の勝手な評点(観ていない作品は1個とします。)
1973年
★★★★★】ドラえもん(旧作) >> 詳細説明はこちらから
<<ドラえもん>>
何をしても駄目な小学生、野比のび太と、22世紀から彼のもとにやってきたロボット・ドラえもんの日常生活を描いた作品である。
典型的なプロットは「のび太の身にふりかかった困難を、ドラえもんから貸し与えられたひみつ道具で一時的に解決するが、その後その道具を不適切に使い続けた結果、しっぺ返しを受ける」というものである。 このプロットは、SF(“すこしふしぎ”な)作品として本作を執筆していた作者の意図を反映しており、当時のSFの唱える "if"(もしも) についての対象を想定した回答であるといえる。


☆☆☆☆】冒険コロボックル (YTV) >> 詳細説明はこちらから

☆☆☆☆】侍ジャイアンツ (YTV) >> 詳細説明はこちらから

1974年
☆☆☆☆】柔道讃歌 >> 詳細説明はこちらから

★★★★★】宇宙戦艦ヤマト (YTV) >> 詳細説明はこちらから
<<宇宙戦艦ヤマト>>
時に西暦2199年、地球は宇宙の彼方の謎の星ガミラスからの侵略を受け、遊星爆弾による無差別攻撃にさらされていた。すでに海は蒸発し尽くし地上の全生命は死滅、残された人類は地上の放射能から逃れるため生存圏を地下に求め、「人類の奴隷化か死か」を要求するガミラスに必死の抵抗を続けていた。しかし圧倒的な科学力の差の前になす術もなく、放射能汚染の進行による全人類の絶滅まであと一年余りと迫る中、最後の地球防衛艦隊が冥王星付近でガミラス宇宙艦隊との交戦により壊滅し、人類生存の希望は完全に潰えたかに見えた。

そんな折、遠く離れた星イスカンダルから救いのメッセージが届いた。そこで人々は、イスカンダルから送られた設計図を元に波動エンジンを製造、それを地球脱出用に極秘裏に改造中だった旧大戦の戦艦大和に搭載し、超光速で航行可能な「宇宙戦艦ヤマト」を完成させた。

地球脱出という目的から放射能除去装置コスモクリーナーD受け取りへと目的の変わったヤマトは、14万8千光年彼方の大マゼラン星雲イスカンダル星に向けて、最後の希望を託されて発進する。1年以内に帰還しなければならないという状況のもと、ガミラス帝国との壮絶な死闘を繰り広げ、未知なる宇宙空間に翻弄されながら、一路イスカンダル星を目指す。

posted by abelu at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

日本テレビ系アニメを集めてみました(その1)

☆日本テレビ系アニメ詳細はこちら


現在放送中
★結界師(ytv製作 月19:00〜19:30) >>詳細はこちら


★名探偵コナン(ytv製作 月19:30〜20:00) >>詳細はこちら


★それいけ!アンパンマン(金16:30〜17:00) >>詳細はこちら
BUZZER BEATER(日テレ版)(火24:56〜25:26) >>詳細はこちら


★CLAYMORE(火25:26〜25:56) >>詳細はこちら
posted by abelu at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

なつかしいアニメ放送作品の紹介(日本テレビ系)(その6)

管理人が感動した作品の勝手な評点(観ていない作品は1個とします。)
1977年
【★★★★★】 新・巨人の星 (YTV) >> 詳細説明はこちらから
<<新・巨人の星>>
TVアニメ版の本作は『巨人の星』、『新・巨人の星』、『新・巨人の星II』の三作品が制作され、毎週土曜日の19時から19時30分までの30分番組として、よみうりテレビ制作・日本テレビ系で全国放送された。特にメインストーリーである『巨人の星』は人気が高く、何度も再放送されDVD化もされた。アニメ版は原作の構図や表現方法をほぼ忠実に再現しているが、アニメ版独自のストーリーやダイナミックな表現方法もふんだんに盛り込まれ(特に大リーグボール3号については、花形が専用のピッチングマシンを作らせ、攻略しようとしたものの、マシンがその力に耐え切れず爆発してしまう描写や、一徹が大リーグボール3号を投げた後、あまりの激痛でうずくまり、医者に見せた所、無理な筋肉の酷使により危険な状態になると言う描写など、大リーグボール3号がいかに危険な投法なのかを、原作以上に解説している)、非常に本作の魅力を最大限引き出すことに成功したと言える。なお、最終回では番組の最後に飛雄馬、明子、一徹、花形、左門が登場、飛雄馬が代表して視聴者に挨拶して番組の終了を告げる、というシーンが存在した。

★★★★★ 家なき子 >> 詳細説明はこちらから
<<家なき子>>
原作はエクトール・アンリ・マロの「家なき子」で、家なき子(いえなきこ、Sans famille)はフランスの作家エクトール・アンリ・マロ作の児童文学(1878年)。ディケンズの名作『オリバー・トゥイスト』に似たような孤児の物語。

身寄りのない少年レミが旅芸人のおじいさんに引き取られ、いろいろなところを旅する冒険小説。幾度も映画化され、日本でのアニメ化も多い。

★★★★★ルパン三世(パート2) >> 詳細説明はこちらから
前シリーズでは舞台が日本国内(あるいは無国籍調)に限られていたが、今シリーズより活躍の範囲を世界各地に広げている。 ルパンを演じる山田康雄がアフレコ時にアドリブを交えるようになり、ルパンのキャラクターに山田康雄の個性が色濃く反映されるようになって来たのもこのシリーズからである。また、毎回必ず、ルパン、次元、不二子、五右ェ門、銭形の五人を出さなくてはならないという暗黙の了解ができたのもこのシリーズから。

海外にも進出を果たし、特にフランス、イタリアでの評価が高い。ちなみにアメリカではナチスに関連が深い第3話は放送されていない。

再放送回数は多数に及び、現在では日本テレビ系のみならず、日本のテレビアニメーションで最も再放送回数の多い作品である。2000年頃までは日本テレビでは平日夕方、よみうりテレビでは日曜正午枠でよく再放送されていた。特によみうりテレビでは長年にわたり毎週二話ずつ、全話をループ状態(最終話まで放送したあとにまた1話に戻る)で放送し続けていた事もあり、関西出身の一定の世代には作品が深く浸透しているようである(KinKi Kidsの堂本剛は『関西で日曜のお昼といえばルパン!』と熱く語っている)。今では地上波での放送は減ったもののCS(2007年4月現在はアニマックスで21:30より通常放送版を放送している)ではよく放送されている。日本テレビのプロデューサーである武井英彦は、1989年の『ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!』に始まるテレビスペシャルは、本シリーズの再放送が高視聴率だったために誕生した企画と述べている。

posted by abelu at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なつかしいアニメ放送作品の紹介(日本テレビ系)(その3)

管理人が感動した作品の勝手な評点(観ていない作品は1個とします。)
1971年
アニメンタリー 決断 >> 詳細説明はこちらから
★★★★★新オバケのQ太郎 >> 詳細説明はこちらから
<<新オバケのQ太郎>>
ごく普通の家庭に住み着いた、一匹の間の抜けたオバケがひき起こす騒動を面白おかしく描く。藤子流生活ギャグ漫画の原点にして、初の大ヒット作で代表作。スタジオ・ゼロのメンバーである石ノ森章太郎が手伝った。『オバQ』と省略されて呼ぶことも多い。3度に渡ってアニメ化され、40年以上経った現在も根強い人気がある。また藤子漫画はそれまでシリアス志向の強い作品が多かったが、これを機に『ギャグ漫画の藤子不二雄』として広く認知されるようになってゆく。

『オバケのQ太郎』の5年後に主に藤子・F・不二雄(藤子F)が描いた『新オバケのQ太郎』や、オバケのQ太郎の後日談的な話の『劇画・オバQ』という作品もある。

『新オバケのQ太郎』以後は、コンビ解消まで藤子F、藤子Aがそれぞれ個別で描いた作品を藤子不二雄の共同ペンネームで発表する形になっており、本作が藤子不二雄の事実上最後の合作作品である。

★★★★★天才バカボン (YTV) >> 詳細説明はこちらから
<<天才バカボン>>
「おそ松くん」でギャグ漫画の漫画家として不動の人気を得た赤塚不二夫が、続けて書いた作品。初出は、1967年4月9日発行の「週刊少年マガジン」である。「バカボン」の語源には諸説あり、「バカなボンボン」から由来する説(赤塚自身こう説明していた時期があり、少年マガジンの新連載告知でも同様の記述がみられる。なお「ボンボン」は関西弁で「坊ちゃん」の意)、「バガボンド=放浪者」からきたとする説、そして仏教語の「婆伽梵=釈迦」からきているという説もある。ちなみに1993年に赤塚本人がテレビ番組で「バガボンド説」を言っているが(元々「天才バカボンド」というタイトルの予定であったため)、「だからパパは無職でなくてはならない」とも言っており、バカボンではなくパパを基準にしているところが疑問でもある。バカボン一家の居住地の設定は、赤塚不二夫自身の事務所「フジオプロ」がある東京都新宿区下落合。アニメ版では確認できないが、コミック版ではこのことに幾度も触れており、実際に下落合界隈に存在する店舗名もしばしば登場する(赤塚自身も「下落合焼とりムービー」という映画を制作している)。

その後、週刊少年サンデー、週刊ぼくらマガジンと連載雑誌の断続的な切り替え等を行い、1976年12月5日発行の「週刊少年マガジン」で一応の完結を見るが、その後も登場人物の抜群のキャラクターぶりを発揮して、現在に至るまで単なるギャグ漫画の枠を越えた、単行本、テレビ、CM等各種メディアに多数出演しており、その全貌を把握することは困難である。また作品自体も、何度かにわたりコミックボンボン等で再執筆され、コミックボンボンでは2006年12月号まで傑作選が掲載されていた。傑作選は当時の再録だが、時代にそぐわないセリフや過激な下ネタ等が差し替えられていた。

そして欠かすことができないのが、この作品のアニメ化である。4回にわたりアニメ化され、世代を通じ子どもたちを中心に爆発的な人気を得るようになり、現在もその人気は不動のものであると言える。

天才バカボン(よみうりテレビ・東京ムービー、1971年9月25日〜1972年6月24日、全40回)
元祖天才バカボン(日本テレビ・東京ムービー、1975年10月6日〜1977年9月26日、全103回)
平成天才バカボン(フジテレビ・スタジオぴえろ、1990年1月6日〜同年12月29日、全46回(*1))
レレレの天才バカボン(テレビ東京・スタジオぴえろ、1999年10月〜2000年3月、全24回)
posted by abelu at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

なつかしいアニメ放送作品の紹介その2

☆アニメ三銃士(1987年10月9日〜1989年2月17日)  >>詳細はこちら

☆青いブリンク(1989年4月7日〜1990年3月16日) >>詳細はこちら

☆ふしぎの海のナディア(1990年4月13日〜1991年4月12日)  >>詳細はこちら

☆ひみつの花園(1991年4月19日〜1992年3月)  >>詳細はこちら

☆お〜い!竜馬(1992年4月7日〜1993年3月30日) >>詳細はこちら

☆モンタナ・ジョーンズ(1994年4月2日〜1995年4月8日)  >>詳細はこちら

☆NHKアニメ劇場(土曜 19:30〜19:55)
☆火の鳥(2004年4月〜6月)  >>詳細はこちら

☆アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル(2004年7月〜2005年5月)  >>詳細はこちら

☆雪の女王(2005年5月〜2006年2月)  >>詳細はこちら

☆ジミー・ニュートロン 僕は天才発明家!(2006年2月〜2006年3月)  >>詳細はこちら

☆少女チャングムの夢(2006年4月〜12月)  >>詳細はこちら

☆SAMURAI 7(2006年4月7日〜9月)  >>詳細はこちら

☆メジャー(集中放送)(2006年8月5日〜10日)  >>詳細はこちら


現在放送中の番組
☆ロビンソン一家漂流記(2007年10月〜(地方局のみ))  >>詳細はこちら
posted by abelu at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

なつかしいアニメ放送作品の紹介その1(NHKアニメ)

☆未来少年コナン(1978年4月4日〜10月31日) >>詳細はこちら
 
☆キャプテン・フューチャー(1978年11月7日〜1979年12月18日) >>詳細はこちら

☆アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険(1979年4月7日〜1980年4月5日) >>詳細はこちら

☆ニルスのふしぎな旅(1980年1月8日〜1981年3月17日)  >>詳細はこちら

☆名犬ジョリィ(1981年4月7日〜1982年6月22日)  >>詳細はこちら

☆太陽の子エステバン(1982年6月29日〜1983年6月7日)  >>詳細はこちら

☆へーい!ブンブー(1985年〜1987年(再放送分含む))  >>詳細はこちら
posted by abelu at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビアニメ放送に関する苦情が相次ぎ、「表現規制」につながった?

2001年に成人ゲーム原作の『らいむいろ戦奇譚』を、編成上の都合で夕方6時から放送した兵庫県の独立U局・サンテレビに苦情が殺到し、第三者機関の放送倫理・番組向上機構(BPO)から回答要請を受けるという事があった。

なお、この件が関係しているかは不明であるが、この時期を境に、全国各地の地方局などでの夕方時間帯における新作アニメ枠は、編成を取りやめる局が相次いだ(逆に、昭和60年代以前の作品を再放送する枠を設けた局もある)。

この件については、苦情のリスクのある新作アニメを止めて、過去に高い評価を得ている(=苦情の恐れの無い)名作アニメを多く放送しているのでは、と見る人もいる。

ただし、TOKYO MXのようにテレビ東京の『アニメ530』化に合わせて、他局では深夜帯に放映のUHFアニメを平日の夕方枠などで放映している例もある。

ちなみに、TBS自社制作の深夜アニメもつづきを読む
posted by abelu at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

アニメの表現規制について

全般的に漫画などの書籍と比べて、テレビアニメにおける表現規制は古くから厳しい傾向が見られる。お色気・暴力・流血絡みに留まらず、登録商標などに関しても同様である。

それでも1980年代末頃までは、キー局制作の全日帯アニメでも公然とお色気シーンを多用した番組が多く存在したり(ただ放送時間帯的に卑猥なものではなく、むしろ健康的なエッチさを売りにしていた作品が多かった)、中には女性の乳首まで露出した番組(フジテレビ系で放送された『うる星やつら』『らんま1/2』の初期など)も存在していたほどであった。

また、暴力・流血描写に関しても、1980年代半ばにフジテレビ系列で放送された『北斗の拳』が、過激なシーン(人体破断・爆裂など)をシルエット演出などで残虐表現を比較的抑え目にしていたとはいえゴールデンタイム帯に放送されていたほどであった。

しかし、1990年代に入ってからこのような表現に対してPTAなどからの抗議が集中するようになり次第に表現規制が厳しくなりだしていった。

そこに追い打ちを掛けたのが、1997年12月に発生した、いわゆる「ポケモンショック」である。

この“ ポケモンショック ”を教訓つづきを読む
posted by abelu at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメドラマ関連雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
現在、このサイトは人気blogランキング■位です。
>>>>人気blogランキングへ

ブログランキングアップに参加中です。応援ポチッとお願いします(笑)
    ↓ ↓ ↓
banner2.gif TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。