海外おもしろムービーCM

2008年03月29日

「天国と地獄 (映画)」は黒澤明監督作品です!!

『天国と地獄』(てんごくとじごく)とは1963年3月1日に公開された黒澤明監督の日本映画である。上映時間は2時間23分。毎日映画コンクール・日本映画賞、エドガー・アラン・ポー賞受賞作品。

概要

1961年に『用心棒』、『椿三十郎』と娯楽時代劇を世に送り、次回作には現代劇を構想していた黒澤が、たまたま読んだというエド・マクベインの小説『キングの身代金』(1959年、87分署シリーズのひとつ)に触発され映画化。黒澤が『キングの身代金』を映画化しようと思った動機は2点あり、「徹底的に細部にこだわった推理映画を作ってみよう」ということと「当時の誘拐罪に対する刑の軽さ(未成年者略取誘拐罪で3ヶ月以上5年以下の懲役(刑法224条)、営利略取誘拐罪で1年以上10年以下の懲役(刑法225条))に対する憤り(劇場公開時のパンフレットでも誘拐行為を批判している)」だという。

映画は興行的には成功するが、一方で公開の翌4月には都内を中心に誘拐事件が多発し、3月31日には吉展ちゃん誘拐殺人事件が発生。犯人は逮捕後、『天国と地獄』の予告編を見て(本編は見ていない)思い立ったと供述している。その他にも数件、この映画を模したと思われる事件が起こっている。映画は公開中止にはならなかったが、国会でも問題として取り上げられ、1964年の刑法一部改正(「身の代金目的の略取(無期又は3年以上の懲役)」を追加)のきっかけになったという。

ストーリー

製靴会社常務・権藤の元に息子を誘拐したと誘拐犯から電話が入る。しかし誘拐されたのは社用車運転手の息子・進一だった。誘拐犯は「特急こだまの窓から身代金を捨てろ」と連絡してくる。要求された額は3000万円。しかし権藤は翌日までに5000万円を大阪に送金し、次期株主総会で現経営陣を一掃しようとの魂胆があった。5000万円を送らないと彼の立場は後退する。「進一は助けたい、しかし金は用意できない…」。権藤の葛藤が続く…。


エピソード

151系電車三船演じる主人公の実業家「権藤金吾」の名前は原作の「ゴードン・キング」をもじって付けられた。原作と異なり、主人公は作中でより苦悩する。犯人はより凶悪で、インテリの人物像として設定され、当時は新人であった山崎努が抜擢された。こうした人物設定には、読書家の黒澤が心酔していたというドストエフスキーからの影響があり、善悪の二極対立があると指摘されている。また、原作では現金受け渡しの際に犯人が逮捕されて終り、映画では密室劇として描かれているが、後半には、誘拐に対する黒澤の怒りを代弁する人物として仲代達矢の演じる戸倉警部が逃亡した犯人を追い詰めていくオリジナルのサスペンス劇が展開されている。
原作では高級住宅街のキング邸が舞台であるが、映画では犯人が主人公を憎悪しているという設定から、スラムである港町を見下ろす丘上の権藤邸という舞台が想起され、浅間台から黄金町を一望できる横浜が選ばれた。注:浅間台から黄金町は三春台や野毛山に遮られ見えない。浅間台から見下ろせる犯人のアパートがあった地域は浅間町である。
身代金受け渡しシーンに関するエピソード
当時、日本最速の列車だったこだま号のシーンでは国鉄から実物の151系電車を借りて実際に東海道本線上を走らせて撮影が行われた。151系の窓は開かないが洗面所の窓は7センチだけ開くという構造が重要なトリックになっている。設計図とにらめっこしつつ、国鉄に何度も問い合わせを行ったため「あなたたちは何者ですか?」と怪しまれたという。
列車が酒匂川の鉄橋にさしかかるシーンの撮影において、民家の2階部分が邪魔になったため、依頼して撮影の1日だけ2階部分を取り払わせたという(民家というよりは、工事用プレハブの宿舎のようなものだったとの資料もある)。なお当時のこだま号は在来線特急であったが、後に東海道新幹線の列車愛称として使われる事になったことから公開当時新幹線は開業していないにもかかわらず、「劇中で使われた列車は新幹線」だと間違えて覚えている話がしばしば聞かれる。(→両列車の関係については「こだま (列車)」を参照されたい。)ちなみに、戸倉警部を演じた仲代達矢によると、撮影当時このシーンでNGを出すと2000万円かかったという。
国鉄のダイヤに割り込んでの撮影だったため失敗は許されず、品川の車庫にある停車中のこだま号で入念なリハーサルが行われた。
列車の窓から放り出すカバンは、吉田カバン創業者である吉田吉蔵氏によって特注製作されたものである。
エド・マクベインの原作では身代金を持って移動中の被害者と犯人との接触は自動車電話を使う設定だった。しかし、日本では当時自動車電話が実用化されていなかったため、「電話を備えた陸上交通機関」であった「こだま」を利用することとなった(当時、日本で列車電話を備えていたのは、東海道本線の電車特急と近鉄特急だけであった)。
先頭車両での撮影を担当していた助監督の森谷司郎によると、ボースンを演じた石山健二郎は緊張のあまり、カメラテストの「スタート」という掛け声を本番の「スタート」と勘違いし、こだま号が鉄橋にかかる前に芝居を終わらせてしまった。森谷から報告を受けた黒澤はラッシュを見て撮り直しも覚悟したが、なんとか編集でうまく繋いで事なきを得た。
映画の設定は真夏であるが、実際の撮影は真冬に行われた。出演者は吐息が白くならないよう、時には口内に氷塊を含んで、撮影に臨んだ。なぜ真夏のシーンを真冬に撮影するのかと山崎努が黒澤に訊ねると「夏は暑いのでつい安心してしまう。冬に夏のシーンを撮影すれば、どうやって暑く見せようかみんな工夫するだろう」と答えたという。
後半、トランペットの音楽とともに煙突から桃色の煙が立ち上る(身代金が入ったかばんに燃やすと色を発する薬剤を仕込むという設定)シーンにおいては、モノクロ画面にマスキング合成で着色した。このモノクロ画像に色を入れると言う手法はスティーブン・スピルバーグ監督の『シンドラーのリスト』(1993年)でも使用され、同じく誘拐ものの要素がある『踊る大捜査線 THE MOVIE』(1998年)では、主人公の刑事がモノクロの背景の中で煙突から上がるカラー煙を見て「天国と地獄だ」とつぶやき、犯人の居場所が突き止められるオマージュとして引用された。
犯人が捕まるシーンで流れる曲では、黒澤はエルヴィス・プレスリーの「It's Now or Never」を希望したが、著作権絡みで使用料が多額だったため、諦めてエルヴィスのボーカル無しの曲を使うことになった。そのためそのシーンの曲は「It's Now or Never」ではなくなり、原曲である「'O sole mio(オ・ソレ・ミーオ)」になった。
物語のラストは「刑務所の外に出た戸倉警部と権藤が会話を交わして別れる」というのが当初の予定だったが、誘拐犯の竹内が金網をつかんで泣き叫ぶシーンを黒澤が大いに気に入り、急遽そちらに変更された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
監督 黒澤明
製作 田中友幸
菊島隆三
脚本 黒澤明
菊島隆三
久坂栄二郎
小国英雄
出演者 三船敏郎
仲代達矢
香川京子
音楽 佐藤勝
撮影 斎藤孝雄
中井朝一
公開 1963年3月1日
上映時間 143分
製作国 日本
言語 日本語
posted by abelu at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
現在、このサイトは人気blogランキング■位です。
>>>>人気blogランキングへ

ブログランキングアップに参加中です。応援ポチッとお願いします(笑)
    ↓ ↓ ↓
banner2.gif TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。