海外おもしろムービーCM

2008年03月29日

「ヴェネツィア国際映画祭(イタリア)」の解説です!

ヴェネツィア国際映画祭(Mostra Internazionale d'Arte Cinematografica) は、イタリアのヴェネツィアで、毎年8月末から9月初旬に開催される国際映画祭。

最高賞は金獅子賞(Leone d'Oro)。日本語では、ベニス国際映画祭、ヴェニス国際映画祭、ベネチア国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭などと表されることもある。

【概要】
世界最古の歴史を持つ国際映画祭である。
国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭のうち、2006年の上映作品数は第41位(115本)、来場者数は第10位(174,000人)であった。
かつてはカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭と並び世界三大映画祭に数えられることもあったが、現在では映画祭としての規模の小ささ、マーケットとしての魅力の乏しさ、また政治利用の場となっていることなどから権威が失墜、映画製作者やバイヤー等の映画人離れが起こっている。

【歴史】
最も歴史の古い国際美術展であるヴェネツィア・ビエンナーレの第18回(1932年)の際に、映画部門として開始された。国際映画祭としては最初とも言われる。初回の最優秀賞は、観客の投票で決められた。1934年から1942年までは、最高賞が「ムッソリーニ賞」であった他、戦争のために1940年から1942年は参加が激減する。低迷していた中、1950年代に多くの日本映画を世界に紹介する事となる。再度脚光を浴びる事となったのは、1979年から1982年にカルロ・リッツァーニがディレクターに就任した期間であった。この間に、現在のプログラム構成に繋がるプログラミングが行われている。長らくマーケット部門を持たず、商業よりも芸術の映画祭として続いてきたが、2002年にマーケットが設けられるなど、商業映画の比重は次第に高まっている。


【公式な賞】
金獅子賞(Leone d'Oro/Golden Lion)
最高賞(作品賞)。受賞者には金色の獅子のトロフィーが贈られる。
銀獅子賞 (Leone d'Argento/Silver Lion)
監督へと与えられる(監督賞)。受賞者には銀色の獅子のトロフィーが贈られる。
審査員特別賞(Premio Speciale della Giuria/Special Jury Prize)
男優賞、女優賞
正式名称はヴォルピ杯(Coppa Volpi/Volpi Cup)であり、受賞者に贈られる杯のことでもある。Volpiはキツネの意であるVolpeの複数形。
マルチェロ・マストロヤンニ賞(Premio Marcello Mastroianni/Marcello Mastroianni Award)
新人俳優に与えられる(新人賞)。賞の名前は、イタリアの名優マルチェロ・マストロヤンニの名を冠する。
オゼッラ賞 (Osella)
脚本家へと与えられる脚本賞と、技術的な貢献を評して贈られる技術貢献賞の2つがある。
他に、オリゾンティ部門の上映作品に対する賞や、全長編上映作品の中から初監督の作品に与えられる賞、短編部門の賞などがある。


【日本に関係した事象】
日本映画での主な受賞は以下の通りである。

第6回(1938年) - 田坂具隆監督の『五人の斥候兵』が、イタリア民衆文化大臣賞を受賞。
第7回(1939年) - 田坂具隆監督の『土と兵隊』が日本映画総合賞を受賞 。
第12回(1951年) - 黒澤明監督の『羅生門』が、金獅子賞、イタリア批評家賞を受賞。
第13回(1952年) - 溝口健二監督の『西鶴一代女』が、監督賞を受賞。
第14回(1953年) - 溝口健二監督の『雨月物語』が、銀獅子賞、イタリア批評家賞を受賞。
第15回(1954年) - 溝口健二監督の『山椒大夫』が、銀獅子賞を受賞(3年連続受賞は日本人唯一)、黒澤明監督の『七人の侍』も銀獅子賞を受賞。
第17回(1956年) - 市川崑監督の『ビルマの竪琴』が、サン・ジョルジオ賞を受賞。
第19回(1958年) - 稲垣浩監督の『無法松の一生』が、金獅子賞を受賞。
第22回(1961年) - 黒澤明監督の『用心棒』で、三船敏郎が主演男優賞を受賞。
第23回(1962年) - 小林正樹監督の『人間の條件』がサン・ジョルジオ賞、イタリア批評家賞を受賞。
第26回(1965年) - 黒澤明監督の『赤ひげ』が、三船敏郎の主演男優賞の他、サン・ジョルジオ賞、イタリア産業賞、国際カトリック事務局賞を受賞。
第28回(1967年) - 手塚治虫原作の劇場アニメ『ジャングル大帝』が、サンマルコ銀獅子賞を受賞。
第46回(1989年) - 熊井啓監督の『千利休・本覚坊遺文』が、監督賞(銀獅子賞)を受賞。
第48回(1991年) - 竹中直人監督の『無能の人』が、国際批評家連盟賞を受賞。
第54回(1997年) - 北野武監督の『HANA-BI』が、金獅子賞を受賞。
第59回(2002年) - 塚本晋也監督の『六月の蛇』が、コントロ・コレンテ部門 審査員特別賞を受賞。
第60回(2003年) - 北野武監督の『座頭市』が、監督賞(銀獅子賞)、観客賞、オープン2003年賞、デジタルアウォードを受賞。
第64回(2007年) - 北野武監督映画作品の『監督・ばんざい!』にちなんだ、『監督・ばんざい!賞』(Glory to the Filmmaker! award)が創設され、北野監督が第1回受賞者となる。この賞は、存命中の映画監督に贈られる賞として「現役で、将来にわたって活躍が期待される映画監督」という趣旨で創設されたものであり、日本映画のタイトルが賞の名称となったことは、同映画祭史上初である。
また、第54回(1997年)には、映画監督の塚本晋也が、大島渚以来の審査委員を務めた。

1982年には黒澤明に、2005年には宮崎駿に、Leone d'Oro alla carrieraが贈られた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【ビエンナーレ】の口コミ情報を探しているなら
Excerpt: ビエンナーレ に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…
Weblog: 人気のキーワードからまとめてサーチ!
Tracked: 2008-04-02 20:30
現在、このサイトは人気blogランキング■位です。
>>>>人気blogランキングへ

ブログランキングアップに参加中です。応援ポチッとお願いします(笑)
    ↓ ↓ ↓
banner2.gif TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。