海外おもしろムービーCM

2008年04月27日

ゴルゴ13が頻繁に使うM16(=AR-15)は、本来は軍用小口径アサルトライフル

間違った知識

SPR Mk12 Mod 0 / M16をベースとする米軍の特殊目的ライフル(=狙撃銃)「M16」について

ゴルゴ13が頻繁に使うM16(=AR-15)は、本来は軍用小口径アサルトライフルであり、狙撃銃ではない。当作品に取り上げられた事から、狙撃銃であるという間違った解釈が広まる事となった。ただしその「設定ミス」は作者も認める事であり、あえてM16を狙撃銃として用いるその理由について、作品中で解説がなされる事となった。ところが今度はそれによって「M16は狙撃には適さない」という、これもまた「間違った」解釈が広まる事となった。

その後、「激突!AK-100 vs M-16」で、【ゴルゴの体型に合い、突撃銃と狙撃銃の二面性をあわせ持った、いかなる場面にも即対応できるオールラウンダーな銃(銃のメンテナンスは臨機応変に対応できるらしい)】と、『ただ一人の軍隊』として自分に適している銃として使用していると説明している。

また、ゴルゴはM16の開発者でもある>>>この記事の詳細を読む<<<

『ゴルゴ13』(1983年、東宝東和、監督:出崎統、脚本:長坂秀佳) 「帝王の罠」(劇場版アニメ)

ゴルゴ13云々というよりも、「世界で初めて劇中にコンピュータグラフィックスを使ったアニメ作品」として有名。ゴルゴの声は瑳川哲朗が担当している。

ゴルゴが紙巻タバコを吸っていたり、待ち合わせでクラクションを鳴らされるまで相手に気づかない、おなじみの台詞を言わないなどが原作と違う。

最後の"謎解き"におけるクライアントのセリフは、円谷幸吉の遺書を彷彿させるものである。


ゴルゴ以外のキャストは>>>この記事の詳細を読む<<<
現在、このサイトは人気blogランキング■位です。
>>>>人気blogランキングへ

ブログランキングアップに参加中です。応援ポチッとお願いします(笑)
    ↓ ↓ ↓
banner2.gif TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。