海外おもしろムービーCM

2008年03月31日

「赤ひげ」は黒澤明監督作品です!

『赤ひげ』(あかひげ)は、1965年に東宝、黒澤プロダクションにより製作された日本の映画。白黒作品。

山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚』を、黒澤明監督が「日本映画の危機が叫ばれているが、それを救うものは映画を創る人々の情熱と誠実以外にはない。私は、この『赤ひげ』という作品の中にスタッフ全員の力をギリギリまで絞り出してもらう。そして映画の可能性をギリギリまで追ってみる。」という熱意で、当時のどの日本映画よりも長い2年の歳月をかけて映画化した黒澤ヒューマニズム映画の頂点ともいえる名作。完成した作品を観た山本周五郎をして「原作よりいい」と言わしめ、興行も大ヒットを収めた。

当初、1964年末封切の予定であったが、制作の遅れから不可能となり、代わりにゴジラシリーズの「三大怪獣 地球最大の決戦」が制作された。また、赤ひげ役の三船敏郎は白黒映画にもかかわらずこの作品のために本当にひげを赤く染めていたという逸話も残っている。

国内のみならず、海外でもヴェネチア国際映画祭サン・ジョルジュ賞などを受賞。主演の三船敏郎もヴェネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞したが、同時にこれが黒澤映画における最後の「白黒映画作品」「三船出演作品」「泥臭いヒューマニズム作品」となった。翌1966年、黒澤は東宝との専属契約を解除し、海外の製作資本へと目を向けることになる。


ストーリー
舞台は江戸時代の小石川養生所。

長崎で当時最新のオランダ医学を学んだ青年医師・保本登は、見習いとして小石川養生所に住み込むことになった。エリートとしての矜持もあり、養生所を訪れる貧しい庶民たちや「赤ひげ」と>>>この記事の詳細を読む<<<
posted by abelu at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

「八月の狂詩曲」は黒澤明監督作品です!

『八月の狂詩曲』(はちがつのラプソディ、Rhapsody in August)は1991年の日本映画。村田喜代子の原作を黒澤明が映画化した。

ストーリー
ある夏休み。長崎市街から少し離れた山村に住む老婆・鉦の許に4人の孫たちがやってきた。都会の生活に慣れた孫たちは田舎の生活に退屈を覚えながらも、長崎の街にある戦争の傷跡や鉦が話す昔話を聞いて、戦争に対する考えを深めていく……。

エピソード
「アメリカのがないね」
この映画の撮影時にはなかった平和祈念公園のアメリカからの慰霊碑だが、1992年10月にアメリカのセントポール市から寄贈されている。この慰霊碑への寄付を募るために「八月の狂詩曲」上映会がセントポール市で開催された。また長崎市長からこの件に関して黒澤監督へ礼状が送られてきた。

なお、誤解されることも少なくないが、クラークが「すみませんでした」「私達悪かった」と鉦おばあちゃんに謝っている場面は、アメリカ人であるクラークが原爆投下を「すみませんでした」「悪かった」と謝罪しているわけではない。「私達」とは、「鉦の兄であるハワイに移民した錫次郎やクラークらの一家」のことであり、「すみませんでした」は「鉦おばあちゃんの夫が被爆死したことを知らなかった」ことに対してであり、「悪かった」のは鉦おばあちゃんが「長崎の人」なのに、夫の死因に思いが至らなかったことである。(Rhapsody in August - Wikipedia英語版の記述参照)

アリの行列を撮影するための待ち時間が余りにも長かった事から、撮影終了後にリチャード・ギアは「もうアリとは共演しない」と言い残して帰国した。

監督 黒澤明
製作 黒澤久雄
脚本 黒澤明
出演者 村瀬幸子
井川比佐志
音楽 池辺晋一郎
撮影 斎藤孝雄
上田正治
編集 黒澤明
公開 1991年5月25日
上映時間 98分
製作国 日本
言語 日本語
posted by abelu at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が彫られた者

人物以外の架空のキャラクターも対象になっている。以下は、その代表的な例。

A / B

ジューン・アリスン /エディ・アルバート/ポール・アンカ/ルイ・アームストロング/フレッド・アステア/リュー・エアーズ/ルシル・ボール /アントニオ・バンデラス/セダ・バラ/ジーン・バリー/ドリュー・バリモア/エセル・バリモア/ジョン・バリモア/ライオネル・バリモア/アン・バクスター/ザ・ビーチ・ボーイズ/ハリー・ベラフォンテ/アーヴィング・バーリン/サラ・ベルナール/ザ・ビートルズ/ウォーレン・ベイティ/ハンフリー・ボガート/レッド・バトンズ/パット・ブーン/シャルル・ボワイエ/クララ・ボウ/マーロン・ブランド/ピアース・ブロスナン/レナード・バーンスタイン

C / D

>>>この記事の詳細を読む<<<

「夢 (映画)」は黒澤明監督作品です!

「夢」の撮影に使われた大王わさび園水車小屋『夢』(ゆめ、英題:Dreams)は、1990年に公開された黒澤明による映画作品である。日本とアメリカの合作。当初 黒澤明監督最後の作品だった。

「日照り雨」「桃畑」「雪あらし」「トンネル」「鴉」「赤冨士」「鬼哭」「水車のある村」の8話からなるオムニバス形式。黒澤明自身が見た夢を元にしている。各エピソードの前に、こんな夢を見たという文字が表示されるが、これは夏目漱石の『夢十夜』における各挿話の書き出しと同じである。

水車のある村
私(主人公)と老人との会話の物語。自然の大切さや人生を説く。

若い男が静かな、川が流れる村に着く。その村の家や建物は全て、水車が付いている。その旅人は、壊れた水車の歯車を直している賢い老人と出会う。その老人は、この村人たちは、近代技術を拒み、自然を大切にしていると説く。

村人は便利さより精神的な健康を選んでいるということに、旅人は、驚き、この考えに興味をそそられる。この章、そして映画の最後に人々が嘆き悲しむ代わりに、良い人生を最後まで送った事を喜び祝う老婆の葬式の行進が村で行われる。

この章は長野県の大王わさび農場で撮影された。

黒澤明監督
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
製作 黒澤久雄
井上芳男
脚本 黒澤明
出演者 寺尾聰
倍賞美津子
原田美枝子
根岸季衣
音楽 池辺晋一郎
撮影 斎藤孝雄
上田正治
編集 黒澤明
配給 ワーナー・ブラザース
公開 1990年
上映時間 119分
製作国 日本・アメリカ
言語 日本語
制作費 $12,000,000


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by abelu at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

「ヴェネツィア国際映画祭(イタリア)」の解説です!

ヴェネツィア国際映画祭(Mostra Internazionale d'Arte Cinematografica) は、イタリアのヴェネツィアで、毎年8月末から9月初旬に開催される国際映画祭。

最高賞は金獅子賞(Leone d'Oro)。日本語では、ベニス国際映画祭、ヴェニス国際映画祭、ベネチア国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭などと表されることもある。

【概要】
世界最古の歴史を持つ国際映画祭である。
国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭のうち、2006年の上映作品数は第41位(115本)、来場者数は第10位(174,000人)であった。
かつてはカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭と並び世界三大映画祭に数えられることもあったが、現在では映画祭としての規模の小ささ、マーケットとしての魅力の乏しさ、また政治利用の場となっていることなどから権威が失墜、映画製作者やバイヤー等の映画人離れが起こっている。

【歴史】
最も歴史の古い国際美術展であるヴェネツィア・ビエンナーレの第18回(1932年)の際に、映画部門として開始された。国際映画祭としては最初とも言われる。初回の最優秀賞は、観客の投票で決められた。1934年から1942年までは、最高賞が「ムッソリーニ賞」であった他、戦争のために1940年から1942年は参加が激減する。低迷していた中、1950年代に多くの日本映画を世界に紹介する事となる。再度脚光を浴びる事となったのは、1979年から1982年にカルロ・リッツァーニがディレクターに就任した期間であった。この間に、現在のプログラム構成に繋がるプログラミングが行われている。長らくマーケット部門を持たず、商業よりも芸術の映画祭として続いてきたが、2002年にマーケットが設けられるなど、商業映画の比重は次第に高まっている。


【公式な賞】
金獅子賞(Leone d'Oro/Golden Lion)
最高賞(作品賞)。受賞者には金色の獅子のトロフィーが贈られる。
銀獅子賞 (Leone d'Argento/Silver Lion)
監督へと与えられる(監督賞)。受賞者には銀色の獅子のトロフィーが贈られる。
審査員特別賞(Premio Speciale della Giuria/Special Jury Prize)
男優賞、女優賞
正式名称はヴォルピ杯(Coppa Volpi/Volpi Cup)であり、受賞者に贈られる杯のことでもある。Volpiはキツネの意であるVolpeの複数形。
マルチェロ・マストロヤンニ賞(Premio Marcello Mastroianni/Marcello Mastroianni Award)
新人俳優に与えられる(新人賞)。賞の名前は、イタリアの名優マルチェロ・マストロヤンニの名を冠する。
オゼッラ賞 (Osella)
脚本家へと与えられる脚本賞と、技術的な貢献を評して贈られる技術貢献賞の2つがある。
他に、オリゾンティ部門の上映作品に対する賞や、全長編上映作品の中から初監督の作品に与えられる賞、短編部門の賞などがある。


【日本に関係した事象】
日本映画での主な受賞は以下の通りである。

第6回(1938年) - 田坂具隆監督の『五人の斥候兵』が、イタリア民衆文化大臣賞を受賞。
第7回(1939年) - 田坂具隆監督の『土と兵隊』が日本映画総合賞を受賞 。
第12回(1951年) - 黒澤明監督の『羅生門』が、金獅子賞、イタリア批評家賞を受賞。
第13回(1952年) - 溝口健二監督の『西鶴一代女』が、監督賞を受賞。
第14回(1953年) - 溝口健二監督の『雨月物語』が、銀獅子賞、イタリア批評家賞を受賞。
第15回(1954年) - 溝口健二監督の『山椒大夫』が、銀獅子賞を受賞(3年連続受賞は日本人唯一)、黒澤明監督の『七人の侍』も銀獅子賞を受賞。
第17回(1956年) - 市川崑監督の『ビルマの竪琴』が、サン・ジョルジオ賞を受賞。
第19回(1958年) - 稲垣浩監督の『無法松の一生』が、金獅子賞を受賞。
第22回(1961年) - 黒澤明監督の『用心棒』で、三船敏郎が主演男優賞を受賞。
第23回(1962年) - 小林正樹監督の『人間の條件』がサン・ジョルジオ賞、イタリア批評家賞を受賞。
第26回(1965年) - 黒澤明監督の『赤ひげ』が、三船敏郎の主演男優賞の他、サン・ジョルジオ賞、イタリア産業賞、国際カトリック事務局賞を受賞。
第28回(1967年) - 手塚治虫原作の劇場アニメ『ジャングル大帝』が、サンマルコ銀獅子賞を受賞。
第46回(1989年) - 熊井啓監督の『千利休・本覚坊遺文』が、監督賞(銀獅子賞)を受賞。
第48回(1991年) - 竹中直人監督の『無能の人』が、国際批評家連盟賞を受賞。
第54回(1997年) - 北野武監督の『HANA-BI』が、金獅子賞を受賞。
第59回(2002年) - 塚本晋也監督の『六月の蛇』が、コントロ・コレンテ部門 審査員特別賞を受賞。
第60回(2003年) - 北野武監督の『座頭市』が、監督賞(銀獅子賞)、観客賞、オープン2003年賞、デジタルアウォードを受賞。
第64回(2007年) - 北野武監督映画作品の『監督・ばんざい!』にちなんだ、『監督・ばんざい!賞』(Glory to the Filmmaker! award)が創設され、北野監督が第1回受賞者となる。この賞は、存命中の映画監督に贈られる賞として「現役で、将来にわたって活躍が期待される映画監督」という趣旨で創設されたものであり、日本映画のタイトルが賞の名称となったことは、同映画祭史上初である。
また、第54回(1997年)には、映画監督の塚本晋也が、大島渚以来の審査委員を務めた。

1982年には黒澤明に、2005年には宮崎駿に、Leone d'Oro alla carrieraが贈られた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「どですかでん」は黒澤明監督作品です!

『どですかでん』は、黒澤明監督の映画作品。原作は、山本周五郎の『季節のない街』。黒澤映画初のカラー作品である。

『赤ひげ』以来、5年ぶりの監督作品。この間、『トラ・トラ・トラ!』の監督降板騒動などで神経を削ったこともあってか、本作ではそれまでの三船敏郎とのコンビによる重厚な作品路線から一転、貧しくも精一杯生きている小市民の日常を明るいタッチで描いている。しかしながら、当時の興行成績は明らかな失敗で、以降、黒澤は『デルス・ウザーラ』を挟んで10年間にわたって日本映画界の中心から遠ざかることになる。

なお、企画・製作にある「四騎の会」とは、黒澤、木下惠介、市川崑、小林正樹の4人からなる芸術家集団で、邦画低迷の時代に4人の力を合わせてこれを打開しようとの意図で結成されたが、うまく機能せず、製作映画は本作と『化石』(1975年、小林正樹監督)に留まった。

あらすじ
とある郊外の街の貧しい地域──知的障害のある六ちゃんは、毎日近所に出かけては、>>>この記事の詳細を読む<<<

「乱 (映画)」黒澤明監督作品です!

『乱』(らん)は、1985年に公開された黒澤明による映画作品である。日本とフランスの合作。黒澤監督の第27作目であり、時代劇としては最後の作品となった。架空の戦国武将・一文字秀虎を主人公にその晩年と3人の息子との確執、兄弟同士の擾乱を描く。毛利元就の「三本の矢」の逸話も取り入れてはいるが、物語の骨格はウィリアム・シェイクスピアの悲劇『リア王』である。黒澤は『乱』を自分の「ライフワーク」と位置づけ、また「人類への遺言」でもあるとしている。

【あらすじ】
戦国時代を生き抜き、3つの城を抱える領土を維持した一文字秀虎。ある日突然、秀虎は家督を3人の息子に継がせ、自身は隠遁する決意を客人たちの前で告げた。彼は3本の矢を手に取り、「1本の矢は折れるが、3本束ねると折れぬ」と言いながら、息子たちにお互い助け合いながら一文字家を繁栄させるよう説いた。しかし、>>>この記事の詳細を読む<<<
posted by abelu at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「天国と地獄 (映画)」は黒澤明監督作品です!!

『天国と地獄』(てんごくとじごく)とは1963年3月1日に公開された黒澤明監督の日本映画である。上映時間は2時間23分。毎日映画コンクール・日本映画賞、エドガー・アラン・ポー賞受賞作品。

概要

1961年に『用心棒』、『椿三十郎』と娯楽時代劇を世に送り、次回作には現代劇を構想していた黒澤が、たまたま読んだというエド・マクベインの小説『キングの身代金』(1959年、87分署シリーズのひとつ)に触発され映画化。黒澤が『キングの身代金』を映画化しようと思った動機は2点あり、「徹底的に細部にこだわった推理映画を作ってみよう」ということと「当時の誘拐罪に対する刑の軽さ(未成年者略取誘拐罪で3ヶ月以上5年以下の懲役(刑法224条)、営利略取誘拐罪で1年以上10年以下の懲役(刑法225条))に対する憤り(劇場公開時のパンフレットでも誘拐行為を批判している)」だという。

映画は興行的には成功するが、>>>この記事の詳細を読む<<<
posted by abelu at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑学集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「椿三十郎」は黒澤明監督作品です!

『椿三十郎』(つばきさんじゅうろう)は、1962年1月1日に公開された黒澤明監督の時代劇映画。

概要
この作品は元々、かつて黒澤組のチーフ助監督であった堀川弘通の監督作品として黒澤が執筆した、山本周五郎原作の『日日平安』の脚本がベースになっている。『日日平安』は原作に比較的忠実に、気弱で腕もない主人公による殺陣のない時代劇としてシナリオ化されたが、東宝側が難色を示したため、この企画は実現しなかった。その後、『用心棒』の興行的成功から、「『用心棒』の続編製作を」と東宝から依頼された黒澤は、陽の目を見ずに眠っていた『日日平安』の>>>この記事の詳細を読む<<<

「まあだだよ」は黒澤明監督作品です!

『まあだだよ』は、黒澤明監督の日本の映画作品であり、黒澤監督の遺作となった作品。1993年東宝公開。

内田百閧フ随筆を原案として、百閧フ日常と、彼の教師時代の教え子との交流を描いた作品。

戦前から戦後にかけての内田百閧フ生活が描かれているが、黒澤作品の前・中期によく見られる戦闘・アクションシーン等は皆無であり、終始穏やかなトーンで話が進行する。

百閧演じる松村達雄、その妻の香川京子、そして教え子役の所ジョージなど、出演者の好演が光る名作である。


あらすじ
法政大学のドイツ語教師・百關謳カは随筆家として作家活動に専念するため学校を去ることになり、生徒達は『仰げば尊し』を歌って先生を送る。>>>この記事の詳細を読む<<<

2008年03月26日

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームとは?ーー 概要 ーー

カーミット(キャラクター)のスターハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム(またはハリウッド名声の歩道, Hollywood Walk of Fame)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ハリウッドの、ハリウッド大通りとヴァイン通り沿いの歩道のことである。

ここには約5kmほどの間に、ショービジネス界で活躍した人物の名前が彫られた2000以上の星型のプレートが埋め込んであり、観光名所となっている。毎年星の数は増えており、追加する際のセレモニーには本人も参加する。

1959年よりハリウッドの商工会議所により設立された。最初の6ヶ月で1500以上の星が埋め込まれ、1994年にその数は2000を超えた。現在では毎年6月に、映画、音楽、テレビ、ラジオ、舞台名の5つの分野で活躍した人物を対象に、20名ほどの候補者から一般の投票によって選ばれる。

日本人および日本に関するキャラクターとしては早川雪洲、マコ岩松、ゴジラの星がある。

特徴
ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームはハリウッド大通り(Hollywood Boulevard)沿い東西に、ガワー・ストリート(Gower Street)からラ・ブレア・アベニュー(La Brea Avenue)まで、ヴァイン通り(Vine Street)沿い南北に、サンセット大通り(Sunset Boulevard)からユッカ通り(Yucca Street)まで伸びている。

茶色の正方形の中央に、真鍮で縁どりされたテラゾ(大理石を砕いたものとセメント)製のピンクの星型プレートが配置されている。ピンクの星の中には顕彰される人物の名前と、その人物が貢献した分野を表わしたシンボルが付されている。シンボルには以下の種類がある。

「映画カメラ」は映画産業への貢献。
「テレビ(受像機)」はテレビ放送業界への貢献。
「レコード」は音楽業界への貢献。
「DJマイク」はラジオ業界への貢献。
「笑い顔のお面と泣き顔のお面」は演劇への貢献。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「モントリオール世界映画祭(カナダ)」の解説です!

モントリオール世界映画祭(Festival des Films du Monde - Montréal)は、毎年8月下旬から9月頭にかけてカナダのモントリオールで開かれるFIAPF公認の国際映画祭。1977年から開催されており、トロント国際映画祭と並び北米最大規模の映画祭である。


【 概要】
近年は、8月末から9月初旬に行われるヴェネツィア国際映画祭、9月に開催される世界三大映画祭のひとつであるトロント国際映画祭と開催時期が重なるようになり、ワールドワイドな求心力を失いつつある。しかし、それでもトロント国際映画祭やヴェネツィア国際映画祭を上回る例年350以上の作品が上映され、来場者数250,000人はトロント国際映画祭(来場者数321,000人)に及ばないもののヴェネツィア国際映画祭の174,000人を凌ぐ規模を維持している。


【最優秀作品賞受賞作品】
1978年 『Ligabue』サルヴァトーレ・ノティカ (イタリア)
1979年 『1 + 1 = 3』 ハイディ・ゲネー (西ドイツ)
1980年 『スタントマン』 リチャード・ラッシュ (アメリカ)、『Fontamara』 カルロ・リッツァーニ (イタリア)
1981年 『The Chosen』 ジェレミー・ケーガン (アメリカ)
1982年 『スティング/ブリムストン&トリークル』 リチャード・ロンクレイン (イギリス)
1983年 『未完の対局』 佐藤純彌、段吉順 (日本・中国)
1984年 『エル・ノルテ/約束の地』 グレゴリー・ナヴァ (アメリカ)
1985年 『わが父/パードレ・ヌエストロ』フランシスコ・レゲーロ (スペイン)
1986年 『ベティ・ブルー』 ジャン・ジャック・ベネックス (フランス)
1987年 『ケニー』 クロード・ガニオン (カナダ・アメリカ・日本)
1988年 『読書する女』 ミシェル・ドヴィル (フランス)
1989年 『Freedom is Paradise』 セルゲイ・ボドロフ (ソ連)
1990年 『Caidos del cielo』 フランシスコ・ロンバルディ (ペルー・スペイン)
1991年 『サーモンベリー』 パーシー・アドロン (西ドイツ)
1992年 『El lado oscuro del corazón』 エリセオ・スビエラ (アルゼンチン・カナダ)
1993年 『Trahir』 ラドゥ・ミヘイレアニュ (フランス・ルーマニア)
1994年 『ワンス・ウォリアーズ』 リー・タマホリ (ニュージーランド)
1995年 『ジョージア』 ウール・グロスバード (アメリカ・フランス)
1996年 『ディファレント・フォー・ガールズ』 リチャード・スペンス (イギリス)
1997年 『運動靴と赤い金魚』 マジッド・マジディ (イラン)
1998年 『The Quarry』 マリオン・ヘンセル (スイス・ベルギー)、『最後通告』 フレディ・M・ムーラー (スイス・フランス・ドイツ)
1999年 『太陽は、ぼくの瞳』 マジッド・マジディ (イラン)
2000年 『もういちど』 ポール・コックス (オーストラリア・ベルギー)、『Le goût des autres』 アニエス・ジャウイ (フランス)
2001年 『少女の髪どめ』マジッド・マジディ (イラン)、『TORZOK』 Arpad Sopsits (ハンガリー)
2002年 『Il Più Bel Giorno Della Mia Vita』 クリスチナ・コメンチーニ (イタリア)
2003年 『KORDON』 ゴラン・マルコヴィック (セルビア・モンテネグロ)
2004年 『The Syrian Bride』 エラン・リクリス (イスラエル・フランス・ドイツ)
2005年 『Off Screen』 ピーター・クイパース (オランダ・ベルギー)
2006年 『長い散歩』 奥田瑛二 (日本)、『O Maior Amor do Mundo』 カルロス・ディエギス (ブラジル)
2007年 『BEN X』ニック・バルサザール(ベルギー、オランダ)/『UN SECRET』クロード・ミレール(フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(スイス)」の解説です!

カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭(Mezinárodní filmový festival Karlovy Vary, Karlovy Vary International Film Festival)はチェコの西北部の都市カルロヴィ・ヴァリで開かれる国際映画祭である。国際映画製作者連盟公認の映画祭であり、東欧でも最大級の映画にまつわるイベントである。

歴史は古く、1946年に第一回目が開かれたが、1948年以来共産主義のコントロール下におかれ、1956年から1968年までは2年に1回、次の第21回目は10年後の1978年に開かれるなど不定期であった。1994年から新体制で毎年開かれるようになった。


【グランプリ受賞作品】
1994年 "Mi hermano del alma" (スペイン)
1995年 "Jízda" (チェコ)
1996年 コーカサスの虜 (ロシア・カザフスタン)
1997年 ぼくのバラ色の人生 (フランス・ベルギー・イギリス)
1998年 "Le Coeur au poing" (カナダ)
1999年 "Ha Chaverim Shel Yana" (イスラエル)
2000年 私の小さな楽園 (ブラジル)
2001年 アメリ (フランス)
2002年 "Rok ďábla" (チェコ)
2003年 向いの窓 (イタリア・イギリス他)
2004年 "Certi Bambini" (イタリア)
2005年 ニキフォル 知られざる天才画家の肖像 (ポーランド)
2006年 "Sherrybaby" (アメリカ)
2007年 "Mýrin" (アイスランド・ドイツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「トロント国際映画祭(カナダ)」の解説ーー 概要版 ーー

【概要】
例年300以上の作品が上映され、来場者数321,000人(ベルリン、カンヌに次ぐ規模)を誇る北米最大の映画祭であり、オスカー・レースの始まりとなる重要な映画祭となっている。

1976年に"The Festival of Festivals"として開催されたのが始まり。これは、世界中の映画祭で上映された優れた作品を集めて上映するというものであった。その後、多くの出資者やオーガナイザーの助力により、ハリウッド映画にとって欠かせない映画祭に成長した。

FIAPF登録上は6月開催の国際映画祭であるが、近年は9月に行われている。この為、同じく北米最大規模の映画祭であるモントリオール世界映画祭(8月下旬から9月頭)と開催時期がほぼ重なり、競合状態となっている。

これまで、『炎のランナー』『再会の時』『アメリカン・ビューティー』『サイドウェイ』『ヒトラー 〜最期の12日間〜』『クラッシュ』といった作品がこの映画祭でプレミア上映されている。

【賞】
ノン・コンペティションである為、観客賞(ピープルズ・チョイス・アウォード)が最高賞である。2006年に授与された賞は以下の通り。

ピープルズ・チョイス・アウォード (The People’s Choice Award)
ディーゼル・ディスカバリー・アウォード (The Diesel Discovery Award)
国際批評家連盟賞 (The Fipresci Prize)
The Citytv Award for Best Canadian First Feature
The Toronto – City Award for Best Canadian Feature Film
The Short Cuts Canada Award
The Swarovski Cultural Innovation Award

【 ピープルズ・チョイス・アウォード受賞作品】
1978年 『ガールフレンド』クローディア・ウェイル
1979年 『Best Boy』アイラ・ホール
1980年 『ジェラシー』ニコラス・ローグ
1981年 『炎のランナー』ヒュー・ハドソン
1982年 『テンペスト』ポール・マザースキー
1983年 『再会の時』ローレンス・カスダン
1984年 『プレイス・イン・ザ・ハート』ロバート・ベントン
1985年 『オフィシャル・ストーリー』ルイス・プエンソ
1986年 『アメリカ帝国の滅亡』ドゥニ・アルカン
1987年 『プリンセス・ブライド・ストーリー』ロブ・ライナー
1988年 『神経衰弱ぎりぎりの女たち』ペドロ・アルモドヴァル
1989年 『ロジャー&ミー』マイケル・ムーア
1990年 『シラノ・ド・ベルジュラック』ジャン=ポール・ラプノー
1991年 『フィッシャー・キング』テリー・ギリアム
1992年 『ダンシング・ヒーロー』バズ・ラーマン
1993年 『スナッパー』スティーヴン・フリアーズ
1994年 『司祭』アントニア・バード
1995年 『アントニア』マルレーン・ゴリス
1996年 『シャイン』スコット・ヒックス
1997年 『The Hanging Garden』トム・フィッツジェラルド
1998年 『ライフ・イズ・ビューティフル』ロベルト・ベニーニ
1999年 『アメリカン・ビューティー』サム・メンデス
2000年 『グリーン・デスティニー』アン・リー
2001年 『アメリ』ジャン=ピエール・ジュネ
2002年 『クジラの島の少女』ニキ・カーロ
2003年 『座頭市』北野武
2004年 『ホテル・ルワンダ』テリー・ジョージ
2005年 『ツォツィ』ギャヴィン・フッド
2006年 『Bella』アレハンドロ・ゴメス・モンテヴェルデ
2007年 『Eastern Promises』デヴィッド・クローネンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「トロント国際映画祭(カナダ)」の解説ーー 概要版 ーー

【概要】
例年300以上の作品が上映され、来場者数321,000人(ベルリン、カンヌに次ぐ規模)を誇る北米最大の映画祭であり、オスカー・レースの始まりとなる重要な映画祭となっている。

1976年に"The Festival of Festivals"として開催されたのが始まり。これは、世界中の映画祭で上映された優れた作品を集めて上映するというものであった。その後、多くの出資者やオーガナイザーの助力により、ハリウッド映画にとって欠かせない映画祭に成長した。

FIAPF登録上は6月開催の国際映画祭であるが、近年は9月に行われている。この為、同じく北米最大規模の映画祭であるモントリオール世界映画祭(8月下旬から9月頭)と開催時期がほぼ重なり、競合状態となっている。

これまで、『炎のランナー』『再会の時』『アメリカン・ビューティー』『サイドウェイ』『ヒトラー 〜最期の12日間〜』『クラッシュ』といった作品がこの映画祭でプレミア上映されている。

【賞】
ノン・コンペティションである為、観客賞(ピープルズ・チョイス・アウォード)が最高賞である。2006年に授与された賞は以下の通り。

ピープルズ・チョイス・アウォード (The People’s Choice Award)
ディーゼル・ディスカバリー・アウォード (The Diesel Discovery Award)
国際批評家連盟賞 (The Fipresci Prize)
The Citytv Award for Best Canadian First Feature
The Toronto – City Award for Best Canadian Feature Film
The Short Cuts Canada Award
The Swarovski Cultural Innovation Award

【 ピープルズ・チョイス・アウォード受賞作品】
1978年 『ガールフレンド』クローディア・ウェイル
1979年 『Best Boy』アイラ・ホール
1980年 『ジェラシー』ニコラス・ローグ
1981年 『炎のランナー』ヒュー・ハドソン
1982年 『テンペスト』ポール・マザースキー
1983年 『再会の時』ローレンス・カスダン
1984年 『プレイス・イン・ザ・ハート』ロバート・ベントン
1985年 『オフィシャル・ストーリー』ルイス・プエンソ
1986年 『アメリカ帝国の滅亡』ドゥニ・アルカン
1987年 『プリンセス・ブライド・ストーリー』ロブ・ライナー
1988年 『神経衰弱ぎりぎりの女たち』ペドロ・アルモドヴァル
1989年 『ロジャー&ミー』マイケル・ムーア
1990年 『シラノ・ド・ベルジュラック』ジャン=ポール・ラプノー
1991年 『フィッシャー・キング』テリー・ギリアム
1992年 『ダンシング・ヒーロー』バズ・ラーマン
1993年 『スナッパー』スティーヴン・フリアーズ
1994年 『司祭』アントニア・バード
1995年 『アントニア』マルレーン・ゴリス
1996年 『シャイン』スコット・ヒックス
1997年 『The Hanging Garden』トム・フィッツジェラルド
1998年 『ライフ・イズ・ビューティフル』ロベルト・ベニーニ
1999年 『アメリカン・ビューティー』サム・メンデス
2000年 『グリーン・デスティニー』アン・リー
2001年 『アメリ』ジャン=ピエール・ジュネ
2002年 『クジラの島の少女』ニキ・カーロ
2003年 『座頭市』北野武
2004年 『ホテル・ルワンダ』テリー・ジョージ
2005年 『ツォツィ』ギャヴィン・フッド
2006年 『Bella』アレハンドロ・ゴメス・モンテヴェルデ
2007年 『Eastern Promises』デヴィッド・クローネンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オブ・フェームを模して、セントルイスやトロントなど、他の都市でも類似したウォーク・オブ・フェームが作られている。

【豆知識】
1960年2月9日、女優ジョアン・ウッドワードが最初の星を獲得した。
文芸分野で初めて星を獲得したのは、TVドラマ「スタートレック」の原作者、ジーン・ロッデンベリーである。
アポロ11号の宇宙飛行士のための丸い星がハリウッド・バイン(交差点)の四方にある。
カントリー・アンド・ウェスタンの歌手ジーン・オートリー(Gene Autry)が5部門における功績により、5個の星を獲得したのが最多である。
人間でなくても受賞することがある。ミッキーマウス・くまのプーさん・ビッグバード・名犬リンチンチン・名犬ラッシーおよび先述のゴジラなどである。

オブ・フェームを模して、セントルイスやトロントなど、他の都市でも類似したウォーク・オブ・フェームが作られている。

【豆知識】
1960年2月9日、女優ジョアン・ウッドワードが最初の星を獲得した。
文芸分野で初めて星を獲得したのは、TVドラマ「スタートレック」の原作者、ジーン・ロッデンベリーである。
アポロ11号の宇宙飛行士のための丸い星がハリウッド・バイン(交差点)の四方にある。
カントリー・アンド・ウェスタンの歌手ジーン・オートリー(Gene Autry)が5部門における功績により、5個の星を獲得したのが最多である。
人間でなくても受賞することがある。ミッキーマウス・くまのプーさん・ビッグバード・名犬リンチンチン・名犬ラッシーおよび先述のゴジラなどである。

2008年03月16日

韓国は世界一テレビドラマを見る国って知っていましたか?

韓国は世界一テレビドラマを見る国で、視聴率が80パーセントを超えるドラマシリーズもある。 韓国でチャンネル権を握るのは母親で、財閥系企業のCMが集中する 韓国では銀幕のスターといった映画俳優の方がレベルが上で、ドラマにしかでない俳優は二流だと言われる。

有名なものは以下のものがある

★秋の童話 >>詳細はこちら


★春のワルツ >>詳細はこちら


★冬のソナタ  >>詳細はこちら


★夏の香り >>詳細はこちら


★チャングムの誓い >>詳細はこちら


★ホテリアー >>詳細はこちら


★オールイン >>詳細はこちら


★私の名前はキム・サムスン >>詳細はこちら


★屋根裏部屋の猫
朱蒙 (テレビドラマ)  >>詳細はこちら


★パリの恋人 (韓国ドラマ)  >>詳細はこちら


★美しき日々 >>詳細はこちら

映画の中心地・ハリウッドの歴史を振り返る

1903年、当時農村だったハリウッドは市制を施行するが、1910年にロサンゼルス市と合併した。

20世紀のはじめのこの頃、映画の中心地はニューヨーク(ニュージャージー州フォート・リー)とシカゴであった。

特許をめぐる争いが発端となり、当時の大手映画製作者や映画関連機器製造業者、製造業者ら9社はそれぞれの特許を持ち寄って管理するモーション・ピクチャー・パテンツ・カンパニー を1908年に設立した。これに参加しない映画関連業者にはカンパニーから高額の特許料が請求された。

参加が認められなかった中小の制作者らは一斉にこれに反発。特許料を払わずに買えるヨーロッパ製の機器やフィルムを使って撮影を続行した。

カンパニー側は探偵を雇って違反者を片端から摘発したため、独立系の制作者はカンパニーの目のとどかぬ土地に出かけて映画を制作した。中でもロサンゼルス一帯は気候もよく、映画の撮影には理想的で、映画人が集まり始めた。

又、この地はメキシコに近く、カンパニー側の追っ手がやってくる事を察知して国境を越えて逃げる事が出来た。なお、カンパニーは1912年に反トラスト法違反であると指摘され、1915年には連邦裁判所で反トラスト法違反であるとされた。

カンパニーは1917年には消滅し、これに前後してカンパニー参加業者らも次々にハリウッドに拠点を移した。

当時アメリカ経済の中心だった東海岸は天候が悪かった。当時の映画は、フィルム感度の問題から屋外のような明るい場所でしか撮影出来なかった。電球などの照明はあったが、映画撮影を行うには十分な明るさを確保出来なかった。

そのため映画会社は、日が長く、地中海性気候のため夏にまばゆい太陽が輝くカリフォルニア州に次々に移っていった。

最初のハリウッドの映画スタジオは、1911年にネストール社が建てたものである。同じ年に、さらに15のスタジオが建てられた。

まだ民族差別の激しかった時代のハリウッド・スターや監督達は、出自を偽る事が多かった。当時はまだワスプがアメリカの支配層であり、イタリア系やユダヤ系などの真の出自を表に出してはスターにはなれなかったからである。

ハリウッドサインのエピソード(その2)

最初は「HOLLYWOODLAND」だった。

しかし、女優のPeg Entwistle(本名:Lillian Millicent Entwistle、1908年7月1日ロンドン生まれ)が、映画「Thirteen Women」の出演に決定したが後に取り消しとなった事に悲観し、1932年9月18日の夜「HOLLYWOODLAND」の「H」に立てかけてあった作業用の梯子を使い、その上まで登り飛び降り自殺した。

その後不吉の原因は「HOLLYWOODLAND」の13文字にあるとみなされ、「LAND」の4文字が撤去され、現在の9文字になった。
現在、このサイトは人気blogランキング■位です。
>>>>人気blogランキングへ

ブログランキングアップに参加中です。応援ポチッとお願いします(笑)
    ↓ ↓ ↓
banner2.gif TOP記事へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。